公益社団法人 化学工学会関西支部

ENGLISH

行事案内

第2回技術シーズフォーラム

― エネルギー , 材料 ―

第2回技術シーズフォーラム

― エネルギー , 材料 ―

大学・高専のシーズを企業に公開

■参加募集のお知らせ■

発表プログラム(pdf)詳細案内(pdf)・参加申込書(doc)】
日時 平成24年10月31日(水) 13:00〜19:30
会場 大阪大学豊中キャンパス(〒560-8531 大阪府豊中市待兼山町)
   大学会館(https://55099zzwd.coop.osaka-u.ac.jp/daigaku-hall/)1階
   アセンブリーホール
関西支部では,支部内企業の会員の方々への新しいサービス「技術シーズフォーラム」を開催します。これは,大学,高等専門学校のシーズを企業に紹介するマッチングフォーラムであり,学会発表とは異なり,発表段階にない最新の内容や過去の研究内容も含めて,大学,高等専門学校から企業へ情報を提供していただくものです。化学工学限定,北陸・関西限定という選別された情報を提供します。第2回はエネルギーと材料をメインテーマに開催いたします。また、「技術シーズフォーラム」終了後、京都大学大学院の田門肇教授にご講演いただき、関西支部会員のつどい「かんさいフォーラム」を開催いたします。関西支部内の化学工学会正会員ならびに各種法人会員社員、懇話会会員の皆様のご参加を歓迎いたしますので、ぜひとも足をお運びくださいますようお願い申し上げます。
プログラム 13:00〜14:00 フラッシュプレゼンテーション(1)<1件当たり3分>
  14:00〜15:00 ポスター発表
  15:00〜16:00 フラッシュプレゼンテーション(2)<1件当たり3分>
  16:00〜17:00 ポスター発表
  17:00〜18:00 かんさいフォーラム
     講師:京都大学工学研究科 化学工学専攻 田門 肇 教授
        「吸着技術の現状と将来 -化学工学の立場からの私見-」
  18:00〜19:30 合同ミキサー
参加費 (要旨集代を含む・かんさいフォーラムと共通、ミキサー参加費:無料)
関西支部内法人会員(維持会員,特別会員,地区会員),正会員,関西支部内懇話会会員:会員2,000円,学生会員 1,000円,
非会員:10,000 円
発表者(1件につき1名):無料
※参加費は当日会場にてお支払い下さい。
参加申込方法 参加申し込みフォームを下記関西支部事務局までメールでお送り下さい。
(このフォームにてかんさいフォーラム参加も申し込みできます)
参加申込締切 10月24日(水)
申込・問い合わせ先 〒550-0004 大阪市西区靭本町1-8-4 大阪科学技術センター6階
公益社団法人 化学工学会関西支部
TEL:06-6441-5531 FAX:06-6443-6685
E-mail: apply(atmark)kansai-scej.org
   
 発表プログラム
所属 著 者 タイトル ポスター
番号
プレゼン
(1) 
プレゼン
(2)
福井大 工 生物応化 櫻井明彦 リグニン分解酵素を用いたセルロース系バイオマスの糖化前処理  P01  
京都大 工 化学工学 井上 元 電気二重層キャパシタの速度性能向上技術  P02   ○ 
佐野紀彰 ナノカーボンの簡単合成および応用開発  P03  ○  
長嶺信輔 水溶性ポリマーからカーボンナノファイバー  P04   ○ 
渡邉 哲 マイクロリアクターで手軽にコアシェル粒子合成  P05  ○  
同志社大 理工 化学システム創成工学 白川善幸・村田修都 噴霧晶析法による複合粒子の作製  P06   ○ 
塚越一彦 管径方向分配現象を利用する省エネ技術への挑戦  P07  ○  
橋本雅彦・鳥居真幸・塚越一彦 ナノ粒子/DNA接合体の作製とバイオプローブとしての応用  P08    ○
奈良高専 物質化学工学 西野 悟 生分解性高分子界面活性剤の創製と微粒子製剤への応用  P09  ○
大阪府大高専 総合工学システム 西岡 求 微生物燃料電池性能向上のための電池構造の検討  P10    ○
関西大 環境都市工 エネルギー・環境工学 田中俊輔 有機溶媒を使わない水中でのゼオライト様イミダゾラート骨格結晶(ZIF-8)の合成  P11  
林 順一 高比表面積活性炭の新規製造法  P12    ○
大阪府大 工 化学工学 荻野博康 微生物機能を利用した水素生産  P13  ○  
木下卓也 噴霧熱分解法による微粒子合成@〜燃料電池電極材料への応用〜  P14    ○
木下卓也 噴霧熱分解法による微粒子合成A〜ガン温熱療法への応用〜  P15  ○  
小西康裕 バイオミネラリゼーションで創製される貴金属ナノ粒子の工業用触媒としての応用  P16    ○
徳本勇人 BDF製造時に副生する廃グリセリンの資源・エネルギー化  P17  ○  
安田昌弘 ガラス繊維フィルターを充填物としたガス吸収塔をもちいたNOX除去  P18    ○
和歌山高専 物質工学 森田誠一 リポソーム固定化電極の作製とセンシング  P19  ○  
大阪大 基礎工 化学工学 石上喬晃・杉田一馬・馬越 大 リポソーム膜を活用する光学分割  P20  
菅 恵嗣・馬越 大 新規なRNA創薬のためのリポソーム膜表層デザイン  P21
林 啓太・島内寿徳・馬越 大 癌キラーベシクル〜Span80ベシクルを用いたDDS〜  P22  
内田幸明・岩井陽典 フォトニック液晶コアシェル構造のフォトニック構造  P23  ○  
尾島由紘 大腸菌を用いた微生物燃料電池  P24    ○
境 慎司・田谷正仁 静電紡糸ファイバーの機能化  P25  ○  
高木洋平 移動現象シミュレーションを用いた材料作製プロセスの制御とエネルギー高効率化  P26    ○
上野直遵・西山憲和 酸化亜鉛薄膜の低温水熱合成  P27  ○  
伴 貴彦 化学走性機能を有するソフトマターの高機能化  P28    ○
大阪大 太陽エネ化学研セ 白石康浩 ルチル型二酸化チタンを光触媒とする選択的脱酸素反応  P29  ○  
産総研 ユビキタスエネ研 松村安行 低コストで長寿命な触媒を簡単に製造する方法  P30    ○
神戸大 工 応用化学 大村直人 家庭厨房からの食の省エネルギー・低炭素化プロジェクト  P31  ○  
勝田知尚 共焦点レーザー顕微鏡を用いた抗体精製用多孔性吸着剤における吸着挙動の解析手法  P32    ○
神尾英治 反応性イオン液体を用いたCO2選択分離膜の開発  P33  ○  
菰田悦之 導電性薄膜作製における塗工プロセス  P34    ○
西山 覚 メタンのドライリフォーミング反応におけるニッケル触媒上への炭素質蓄積挙動  P35  ○  
堀江孝史 ミリチャネル内のTaylor流を応用した微粒子の連続精密合成  P36    ○
兵庫県立大 工 環境エネ工学 朝熊裕介 マイクロ波照射炉内の移動現象のその場観察技法  P37  ○