公益社団法人 化学工学会関西支部

ENGLISH

行事案内

セミナー「製造現場の省エネルギー-大規模対策から今すぐ出来る対策まで−」

PDF版プログラム
 [参加申込フォーム ]
 
主催  化学工学会関西支部
協賛  近畿化学協会、計測自動制御学会関西支部、システム制御情報学会、省エネルギーセンター近畿支部、触媒学会、日本エネルギー学会関西支部、日本化学会近畿支部、有機合成化学協会関西支部
 
円安や原発再稼働問題の影響から、電力・ガス価格の上昇がおき、企業収益を圧迫しているとの報道が昨今目につきます。先に行われたドイツでの先進7か国首脳会議では、我が国は2030年度までに2013年度比で20%前後の温室効果ガス排出削減を目標とすることを発表しました。これにより、今後さらにエネルギー消費に対する課税が考えられ、企業においてはこれまで以上の省エネルギー対策が急務となることは間違い有りません。本講演では、企業間の垣根を越えた対策から小規模対策、さらには化学関連製造現場で行われた対策の実例の紹介まで、各分野の専門家により詳しくご紹介いただきます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
   
日 時 2015年10月21日 (水) 13:00〜18:30
会 場 大阪科学技術センター4階404号室
(大阪市西区靭本町1-8-4、TEL.06-6443-5324)
<交通>地下鉄四つ橋線「本町」駅25・28番出口より北へ徒歩約7分、うつぼ公園北詰め.
http://www.ostec.or.jp/data/access.html
プログラム   
1) 内部熱交換型蒸留塔技術の実用化と化学プラントへの展開(13:00〜13:55)
  国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
プロジェクトマネージャー スマートコミュニティ部 統括研究員 中岩  勝 氏
  内部熱交換型蒸留塔(HIDiC)技術は、できるだけ小さな圧縮比の蒸気圧縮プロセスの導入で蒸留分離の省エネルギー化を図るものであり、2000年代のプロジェクト研究等を経て2016年から国内での商用機の稼働が予定されている。ここでは本技術の開発背景から今後の適用、今後のシステム化の可能性等を概説する。 
    
2) エネルギーシステムの省エネルギー検討の進め方(14:00〜14:55)
  千代田化工建設(株)グル―バル本社エネルギーインフラプランニングユニット
松田 一夫 氏
  工場にはプロセスシステムとそれへスチームや電気を供給するエネルギーシステムがある。プロセスシステムの省エネは、その費用対効果が大きく、検討や改造が進んでいる。一方、エネルギーシステムは、製品を製造しないことからプロセスシステムより遅れている。その分、エネルギーシステムには省エネの余地が残っていよう。本講演では省エネ発掘に有効な熱利用解析技術「ピンチテクノロジー」を紹介し、その適用例を解説する。 
    
3) 専門家から見た製造現場の省エネルギー対策とその実例(15:05〜16:00)
前山技術士事務所 所長 前山 二郎 氏
  化学関連の企業における省エネ対策に関して、現状の把握・分析から目標の設定と改善策の立案に至るプロセスを実例により分かりやすく解説する。限られたデータから情報に加工し「見える化」を図る。対策の立案に繋がる問題点の抽出と原因の分析方法について、この加工された情報の見方、着眼点について診断事例をもとにその一部を紹介する。 
    
4) 原動力設備や圧縮設備の運用最適化と安定化制御による省エネ(16:05〜17:00)
  アズビル(株)アドバンストオートメーションカンパニーエンジニアリング本部
アドバンスト・ソリューション部 シニアコンサルタント 植木 和夫 氏
  新たに高価な高効率機器を導入することなく、原動力設備や圧空設備の既存設備に対して運用最適化・制御システム導入によりの設備全体のシステム効率を向上させ、省エネを実現する技術を紹介する。これに関連して、国の補助金を活用したエネマネ事業についても言及する。 
    
   【情報交換懇親会(ミキサー)】(17:00〜18:00) 
於:同所地下1階B102号室、参加無料
名刺交換、講師とのアフターディスカッション
---------------------------------------------------------------------
定員 50名(定員になり次第締切)
参加費 主催・協賛団体正会員19,000円、主催・協賛団体法人会員23,000円、大学・公設研究機関7,000円、学生3,000円、会員外学生5,000円、会員外37,000円 (何れもテキスト代、消費税含)
  ※主催・協賛団体の支部以外に所属の場合でも主催・協賛団体所属としてお取扱いします。
  ※会員外の方へ:化学工学会正会員に入会されると23,800円([参加費:19,000円]+[9月〜11月入会でH27年度下期年会費4,800円])でのご参加になります。詳しくは下記にお問い合わせ下さい。 
申込方法 下記参加申込フォームに必要事項を入力いただくか、またはE-mail、FAX等にて、標記行事名を題記し、(1)氏名、(2)勤務先・所属、(3)連絡先(住所、郵便・電話番号)、(4)会員資格、(5)送金方法(送金予定日)、(6)請求書要否を明記のうえ、下記宛お申し込みください。
参加費の送金は、銀行振込(りそな銀行御堂筋支店普通預金 No.0405228 口座名義「公益社団法人化学工学会関西支部」)をご利用ください。
参加決定者には参加証を送付いたします(10月上旬)。
 

 [参加申込フォーム]

 申込先 公益社団法人 化学工学会関西支部
〒550-0004 大阪市西区靱本町1-8-4 大阪科学技術センター6階
TEL: 06-6441-5531  FAX: 06-6443-6685  E-mail: apply(atmark)kansai-scej.org