公益社団法人 化学工学会関西支部

ENGLISH

CES21

CES21(Chemical Engineering & Science 21)

名称 代表者名
CES21 代表:仲村 英也(阪府大院工)
副代表:尾島 由紘(阪市大院工)
副代表:東郷 太一郎(大原薬品)

CES21(Chemical Engineering & Science 21)は「関西地区の産官学の若手研究者・技術者の横のつながりを広げる場を提供する」ことを目的とした組織です。現在の運営委員会は、民間企業7名、大学7名の計14名で構成されています。運営委員の年齢は20代後半から30代が中心であり、それぞれの分野で第一線に立って活躍している中堅の研究者・技術者です。

具体的な活動としては、「CES21コロキウム」と題した企業見学会、および「CES21 講演会」を企画・実施しています。また、化学工学会年会、秋季大会においては、各支部の若手研究者組織と連携して懇親・講演会を共催しています。これらの活動は広く一般にも開放しています。また、新たなメンバーを随時募集しておりますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。

平成28年度活動状況

日程 行事
H28.12.8 2016年度CES21エクスカーション(講演見学会)
粉体加工技術の最前線-最新粉体装置とそのシミュレーション技術-

1.開会挨拶 (パウレック)夏山 晋 氏
2.【講演1】材料微構造制御のための粉体プロセス設計支援シミュレーション
  (同志社大理工)下坂厚子 氏
3.【講演2】次世代リチウム二次電池の研究開発動向とそれらを支える粒子加工技術
  (パウレック)長門琢也 氏
4.【見学】パウレックの粉体関連装置
 ・微粒子コーティング機 ・連続製造装置 ・撹拌混合造粒機
 ・錠剤コーティング機 ・打錠機 の見学
H29.2.3 第29回CES21講演会
『明日から使える「晶析プロセス最新技術」
-基礎原理から現場で役立つノウハウまで-』

1. 高度に結晶特性を制御するための晶析操作と装置(阪市大院工)五十嵐幸一氏
2. 医薬品開発における晶析プロセスの重要性~モデルに基づく結晶多形と粒度の制御技術 実験からシミュレーションまで~(塩野義製薬)増田勇紀氏
3. 粒子径分布の測定技術とアプリケーション ~最新の測定技術とさまざまな測定事例の紹介~(島津製作所)洲本高志氏
4. 企業展示および交流会(出展企業によるショートプレゼンテーションあり)
5. 晶析プロセスのスケールアップ(スケールアップコンサルタント)高橋邦壽氏
6. 医薬品製造における球形晶析・連続晶析の開発と将来展望(岐阜薬大)田原耕平氏

平成27年度活動状況

日程 行事
H27.9.10 化学工学会第47回秋季大会 若手・中堅研究者懇親・講演会
会場:北海道大学 生協工学部店
講演1:ナノシートの合成と機能性材料への応用  (北海道大・工)荻野 勲 氏
講演2:バルクケミカル向け大容量マイクロチャネルリアクター(SMCRR)の開発
   (神戸製鋼)松岡 亮 氏
H27.11.6 第28回CES21コロキウム
見学先:大原薬品工業(株)
H27.12.8 第29回CES21コロキウム
見学先:(株)神戸製鋼所
H27.1.30 第28回 CES21 講演会
『品質向上を実現する化学プロセスの最新動向
-ビッグデータの活用からプロセス強化事例まで-』

会場:大阪市立大学文化交流センター
1.マイクロ流路におけるスラグ流を利用したプロセス強化技術
 (徳島大院ソシオテクノ)外輪健一郎氏
2.モノづくり力を高める生産工程ビッグデータの活用
 ~村田製作所で進めている生産ラインからのデータ収集と活用方法~
 (村田製作所)宮森 誠氏
3.リスクベースアプローチによる晶析工程制御システム開発
 (三菱化学エンジ)赤松耕二氏
4.現場密着型問題解決:品質向上につなげるモデルベースプロセス制御と
 保安強化のためのプロセス変数モニタリング (アズビル)小河守正氏
5.機器計測と官能評価を融合した品質設計法とブランディング技術への展開
 ~食感性工学による緑茶飲料「伊右衛門」の開発事例~
 (食感性コミュニケーションズ)相良泰行氏

平成26年度活動状況

日程 行事
H26.12.2 第26回CES21コロキウム
見学先:菊正宗酒造(株)
 H27.1.23  第27回CES21コロキウム
見学先:不二製油(株)
H27.1.30 第27回 CES21 講演会
『分離回収の未来を切り拓く吸着・抽出技術 -基礎から実例まで-』

会場:大阪市立大学文化交流センター
1. 吸着分離の基礎と吸着材設計の勘どころ(京大院工)田門 肇氏
2. CO選択吸着剤と水素吸蔵合金を用いた水素精製・貯蔵システムの開発(神戸製鋼)藤澤彰利氏
3. 抽出操作の基礎と最新技術(同志社大理工)松本道明氏
4. 超臨界技術の実施例、導入に際しての課題(アイテック)三宅英雄氏
5. イオン液体を利用するレアメタルのリサイクル技術 —その現状と課題—(九大院工)後藤雅宏氏

平成25年度活動状況

日程 行事
H25.3.17 化学工学会第78年会 若手・中堅研究者懇親・講演会
会場:大阪大学 豊中キャンパス 大阪大学会館 アセンブリホール
講演1:コロイド移流集積現象を利用した周期構造堆積膜の形成と構造制御
   (京大・工)渡邉 哲 氏
講演2:ナノ粒子添加による充填率向上効果に及ぼす添加粒子径とその存在状態の影響
   (岡山大・自)吉田 幹生 氏
H25.10.25 第24回CES21コロキウム
見学先:東和薬品 大阪工場
H25.1.23  第25回CES21コロキウム
産業技術総合研究所 関西センター
H26.1.31 第26回CES21講演会
『先端材料を支える乾燥技術の理論と実例-膜から医薬品まで-』
1..塗膜乾燥の基礎と構造形成(九工大院工)山村方人氏
2.塗布膜の乾燥技術 ~写真感光材料製造の例~(富士フイルム)片桐良伸氏
3.過熱水蒸気乾燥や流動層乾燥をはじめとした粉末原料の乾燥技術に関する概論
  (静岡大院工)立元雄治氏
4.凍結乾燥の基礎・実例と今後の技術(共和真空技術)細見 博氏
5.医薬品原薬製造における乾燥技術(武田薬品)向井浩二氏

平成23年度活動状況

日程 行事
H24.1.13 第21回CES21コロキウム
見学先:カネカ 高砂工業所
H24.2.3 第24回 CES21 講演会
『ミキシング技術の実際と最新動向』

会場:大阪市立大学文化交流センター
講演1:【総論】流体混合の新しい捉え方-流体のたくらみに抗して-
   (阪大院基礎工)井上義朗 氏
講演2:撹拌槽の基本的なスケールアップ則からグラスライング製反応槽への応用
   (神鋼環境ソリューション)徳岡洋由 氏
講演3:混相流のシミュレーション事例~ミキシングはシミュレーションで予測できるか?~
   (住友化学)島田直樹氏
講演4:撹拌槽のスケールアップおよび実機と実験機の相違
   (名工大工)加藤禎人 氏
講演5:マイクロミキシングのポテンシャルとその応用事例
   (京大院工)前 一廣 氏

平成22年度活動状況

日程 行事
H22.9.6 化学工学会第42回秋季大会 若手・中堅研究者懇親・講演会
会場:同志社大学 寒梅館 6階会議室
講演1:流動による高品質コロイド結晶の作製
   (横国大・工)金井俊光 氏
講演2:再生医療における化学工学の役割
   (阪大・工)紀ノ岡正博 氏
H22.11.12 第20回CES21コロキウム
見学先:三菱重工業神戸造船所二見工場 バイオエタノール製造実証施設
H23.2.4 第23回CES21講演会
『ナノ粒子利用技術の最新動向 ~医療・ライフサイエンス分野への挑戦~』
会場:大阪市立大学文化交流センター
講演1:がん中性子捕捉療法のためのナノデバイス型原子送達システム
   (神戸学院大・薬)市川秀喜 氏
講演2:金属酸化ナノ粒子と物理的励起を併用したラジカル発生システムを用いた細胞損傷システムの構築
   (神大・工)荻野千秋 氏
講演3:PLGAナノ粒子のDDS製剤・デバイス、並びに化粧品への応用
   (ホソカワミクロン)辻本広行 氏
講演4:噴霧乾燥による難溶性医薬品の非晶性粒子の調製
   (第一三共)石津 洋 氏
講演5:磁性ナノ微粒子を用いた細胞機能解析
   (名大・工)本多裕之 氏

平成21年度活動状況

日程 行事
H22.1.7 第19回CES21コロキウム
見学先:住友化学 大阪工場内生産技術センター
H22.2.5 第22回CES21講演会
『膜 分 離 技 術 の 最 新 動 向』
会場:大阪市立大学文化交流センター
講演1:多孔性アモルファスシリカ膜の構造と気体透過・分離特性
   (広大・工)吉岡朋久 氏
講演2:セラミックス製ガス分離膜の開発
   (ノリタケカンパニーリミテド)宮嶋圭太 氏
講演3:膜分離におけるファウリングのモデル化と評価
   (名大・工)入谷英司 氏
講演4:酢酸セルロース限外ろ過膜を用いた浄水処理技術
   (ダイセン・メンブレン・システムズ)綿部智一 氏
講演5:有機膜の製造方法と得られる膜の特徴、及びその実用事例
   (旭化成ケミカルズ)橋野昌年 氏