公益社団法人 化学工学会関西支部

ENGLISH

工業化技術研究会

研究会名 代表者名
工業化技術研究会 三木秀雄

工業化技術研究会は「高度分離技術研究会」を発展させ、2009年より発足。分離技術に拘らず、広く化学品製造に共通する反応・分離精製・濾過・乾燥・粉砕等の工業化技術について議論する場として設置。企業からの話題提供と、それに関する技術討論を通して、工業化技術のレベルアップ、若い研究者の育成、学会への積極的な参画を図ることが目的。例会は2〜3回/年、話題提供2件/例会。

平成30年度活動状況

日程 行事/調査項目
H30.10.19 第17回例会(場所:関西化学機械製作(株))
・相関移動触媒を利用した受託プロセスの改善例(仮題) 三國製薬工業 的場 学 氏
・旧から新開発製品まで 関西化学機械製作 野田秀夫氏
H31.2.21 第18回例会(場所:大阪科学技術センター)
・技術開発への思い ChemiMa-Labo 代表 院去 貢 氏
・連続晶析は回分晶析を越えられるのか? カツラギ工業(株) 三木 秀雄 氏

平成29年度活動状況

日程 行事/調査項目
H29.9.15 第15回例会(場所:大阪科学技術センター)
・グラスライニングの伝熱特性 八光産業 松野 昌幸氏
・分離材と分離場の探求の試み 京都大学名誉教授 田門 肇氏
H30.2.26 第16回例会(場所:大阪科学技術センター)
・連続式小型晶析装置の開発定 大阪市立大学 五十嵐幸一 氏
・医薬品製造における各種濾過の解析とスケールアップ スペラファーマ 向井浩二 氏 

平成28年度活動状況

日程 行事/調査項目
H28.5.20-21 第12回例会(場所:協和発酵キリン(株)熱海荘)
・種結晶を用いた粒度コントロール 塩野義製薬 増田勇紀氏
・原薬製造工程における晶析法検討例 協和発酵キリン 多賀将志氏
H28.9.23 第13回例会(場所:大阪科学技術センター)
・撹拌槽内の流れの制御とものづくり(仮題) 佐竹化学機械工業 佐藤氏
・ファインケミカルプロセスで使用される乾燥機の特徴とスケールアップポイント
 元住友化学 高橋邦壽氏
H29.2.23 第14回例会(場所:田辺タナベウィルテック(株)淀川工場)
・工業化における遠心分離機とろ過乾燥機の応用
・微粒子の分離・回収技術の紹介
・工場見学及び遠心分離機による実液処理の実況見学

平成27年度活動状況

日程 行事/調査項目
H27.3.6-7 第10回例会(場所:大原薬品工業(株))
・大原薬品工業(株)研究所内見学及び概要説明
 大原薬品工業 加々良耕二氏 
・有機化合物の多形制御に関する話題  大阪市立大学 大嶋 寛氏
・食品・医薬品の凍結乾燥に関する話題  京都大学  中川究也氏
H27.9.29 第11回例会(場所:大阪科学技術センター)
・ フローケミストリー技術を用いたスケールアップ  武田薬品工業 臼谷弘次氏
・連続晶析装置における粒径制御の課題  カツラギ工業  椀田尚宏氏

平成26年度活動状況

日程 行事/調査項目
H26.9.12 第9回例会(場所:大阪科学技術センター)
・ 製剤中の結晶転移と速度論的解析 大原薬品工業 駒井孝則氏
・遠心分離機の封じ込め 松本機械製作所 日高氏

平成25年度活動状況

日程 行事/調査項目
H25.9.13 第7回例会(場所:(株)パウレック伊丹研究所)
・(株)パウレック 会社・技術紹介
・(株)パウレック 伊丹研究所見学&質疑応答
・有価物リサイクルにおける晶析操作の例とロータリードラムフレーカの適用の可能性
 カツラギ工業 三木秀雄氏
H26.2.5  第8回例会(場所:大阪科学技術センター)
・処理物に応じた最善の遠心分離機の選定について  タナベウェルティック
・フッ素樹脂焼付ライニング施工の多管式熱交換器  日本フッソ工業

平成24年度活動状況

日程 行事/調査項目
H24.3.9 第4回例会(場所:大阪科学技術センター)
・異相系撹拌の現象とこれを克服するコツ ダイセル 亀井 登氏
・結晶系制御によるろ過性改善検討 エーザイ 松本郁美氏
H24.9.7 第5回例会(場所:大阪科学技術センター)
・水和物結晶の確実な乾燥調製法のスケールアップ検討とその考察
 武田薬品工業 向井浩二氏
・各種原料のドラムドライヤを用いた乾燥の例 -トラブル発生の要因と対策-
 カツラギ工業 三木秀雄氏
H25.2.14 第6回例会(場所:大阪科学技術センター)
・合成吸着剤・イオン交換樹脂の応用展開
 三菱化学 足立 正氏
・各種原料のドラムドライヤを用いた乾燥の例 -トラブル発生の要因と対策-
 パウレック 木下直俊氏

平成23年度活動状況

日程 行事/調査項目
H23.8.25 第3回例会(場所:大阪科学技術センター)
・事例から学ぶ攪拌層のスケールアップ 住友化学 高橋邦壽氏
・氷 に学ぶモノづくり−氷晶成長を利用した多孔体の作製− 京都大学 田門 肇氏

平成22年度活動状況

日程 行事/調査項目
H22.7.14 第1回例会(場所:大阪科学技術センター)
・抗リウマチ剤ブシラミン原薬残留溶媒の除去について 大原薬品工業 那須悟志氏
・有機化合物の晶析におけるオイル析出とその回避について
 大阪市立大学 大嶋 寛氏
H23.2.18 第2回例会(場所:大阪科学技術センター)
・開発品原薬の晶析における結晶多形制御−種晶を用いないスケールアップ操作条件の確立− 塩野義製薬 増田勇紀 氏
・結晶の純度と粒径と形状 兵庫県立大学 前田光治氏