マイクロプロセス最前線シリーズ 「新しいマイクロリアクター・マイクロデバイスの展望」[オンライン配信]

プログラムB4版 ダウンロード

主催

化学工学会関西支部

協賛

化学工学会反応工学部会マイクロ化学プロセス分科会、近畿化学協会、触媒学会、日本化学会近畿支部、日本薬学会関西支部、有機合成化学協会関西支部

マイクロ/フロー化学・コンパクトプロセス技術セミナーシリーズの第7回。将来の日本の化学産業界を支える基盤技術として期待される新技術。この社会実装を後押しすることを目的に、セミナーを重ねてきました。今回のテーマは、原点に立ち返ってマイクロ技術を用いて何か新しい事ができるのか?またその応用展開は?マイクロ化学プロセスやマイクロリアクターを用いた新しい技術や分析や微粒子合成までの応用展開を紹介いたします。一昨年はコロナの関係で開催できませんでしたが、今年度は講演会のみに絞ってオンラインですが開催にこぎ着けました。奮ってご参加ください。

日時

2022年1月18日(火)11:00~17:15

開催形式

オンライン配信(Zoom利用)

プログラム

11:00~12:00

1.マイクロ化学プロセス用新規連続抽出デバイスの研究開発
大阪府立大学大学院工学研究科 教授 武藤 明徳 氏

機能性化学品の合成には多段階の反応を組み合わせてプロセスが構築され、途中の段階で、抽出分離を行うことも多い。これらをマイクロ化学プロセスで実現させるとき、水相と油相が数ミリの管径の交互に流れる「スラグ流」が期待できる。装置設計及び管理においては、このスラグ流の制御、およびモニタリングの実施が望ましい。本講演では、スラグ流の発生および抽出速度の測定のため、研究室で開発したデバイスを紹介する。

13:00~14:00

2.フローマイクロリアクター研究が導く高速合成化学
京都大学大学院工学研究科 准教授 永木 愛一郎 氏

フラスコでは実現不可能な超高速合成化学へのフローマイクロリアクター研究ならではのアプローチに関して、1.反応選択性の制御、2.不安定活性種の制御、3.反応集積化(直線的反応集積、収束的反応集積)、4.機械学習の活用、などを中心に、我々の取り組みについて紹介したい。

14:00~15:00

3.マイクロ流体デバイスを用いた微粒子材料の調製・分離技術の開発
千葉大学大学院工学研究院 准教授 山田 真澄 氏

マイクロ流体デバイスは、マイクロメートルサイズの微小な材料や対象を合成し操作する上で有用である。本発表では、合成ポリマーや生体高分子材料からなる微粒子材料を効率的に調製するためのプロセスや、細胞などを含む微粒子の分離手法について紹介する。

15:15~16:15

4.マイクロ分析技術と欧米の動向
メトラー・トレド株式会社 オートケムチーム 山崎 陽一 氏

フローケミストリーとインライン分析を組み合わせることで、反応機構の解析や反応条件の最適化を迅速に行う事が可能である。本講演ではインライン分析技術、分析事例、欧米の動向にについて紹介する。

16:15~17:15

5.新規マイクロミキサーを利用した革新的微細乳化技術の開発と実用化
花王株式会社 加工・プロセス開発研究所 高木 道哉 氏

マイクロ化学プロセスは、高機能化/環境負荷低減/高生産性を同時に満足する新しいプロセスとして注目されている。我々は、高速混合が可能なマイクロミキサーを独自に開発し、香粧品向け乳化物の製造への適用を検討している。本発表では、低エネルギー、かつ、少量の界面活性剤で、様々な油剤をナノレベルに微細化可能な新しい乳化技術について紹介する。低コストの二酸化炭素回収膜技術を構築する。

申込締切

2022年1月11日(火) ただし、定員80名になり次第締め切ります。

参加費

主催・協賛団体個人正会員:19,000円、主催・協賛団体所属法人会員:23,000円、大学・公設機関:7,000円、学生会員:3,000円、会員外学生:5,000円、会員外:37,000円(テキスト代・消費税込)

※主催・協賛団体の他支部に所属の場合でも主催・協賛団体所属会員としてお取扱いします。
※会員外の方へ
化学工学会正会員に入会されると35,500円《参加費19,000円+2021年度年会費下期(9月~2月分) 5,500円含+2022年度年会費11,000円》でのご参加となります。詳しくは下記にお問い合わせ下さい。

申込方法

Web上の『参加申込フォーム』よりお申込みください。
参加費は、銀行振込[りそな銀行御堂筋支店 普通預金No.0405228 名義 公益社団法人化学工学会関西支部]をご利用ください。

注意事項
・オンライン配信ツールは「Zoom Meeting」を利用します。 Zoomアプリのダウンロード、Webブラウザでご参加が可能です。Zoomのアカウントを作る必要はありません。
・本講演は全てライブ配信となりますので、開催日時のお間違いの無いようにご注意ください。
・参加申込をされた方には、1月12日頃にE-mailにてZoomの接続情報等を送付します。
・パソコン・タブレット等、聴講(受信)に必要な機材や設備は各自でご準備ください。
発表者の許可の無い限り、受信資料の保存(録音・録画)、再配布は固く禁止します。

問合・申込先

  公益社団法人 化学工学会関西支部
  〒550-0004 大阪市西区靱本町1-8-4 大阪科学技術センター6階
  TEL: 06-6441-5531  FAX: 06-6443-6685  E-mail: apply(atmark)kansai-scej.org